あなたは2020年から小学校でプログラミング教育が必修化されることをご存知でしょうか?

数年前から注目されていたプログラミング教育が、いよいよ取り入れられるということで、今回は小学校のプログラミング教育は何のために、どのようなものなのかを詳しくご紹介していきます。

プログラミング教育必修化の背景

プログラミング教育を必修化した背景はさまざまありますが、そのひとつとして、第4次産業革命やグローバル化に対応する人材を育てるということが挙げられます。

第4次産業革命とは、人工知能(AI)やビッグデータ、インターネットの活用による自律化した時代のことで、いま現在まっただ中にあると言えます。

今後、ますますIT関連のビジネスは拡大していくため、現代の子どもたちが大人になったとき、ほぼ確実にこれらの影響を受けることになりますから、それに順応できる人材育成が必須となってくるということなのです。

また、経済産業省の「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」による発表では、2030年には78.9万人のIT人材が不足するとされています。

日本では少子化や人口減少が大きな問題となっていますが、第4次産業革命によってIT技術を活用すれば、新たなるビジネスチャンスが生まれると考えられているのです。

プログラミング教育の目的

プログラミング的思考を育む

プログラミングと聞くと、難しい専門的な言語などを教えることだと思われている方もいるかもしれませんが、それは間違いです。

というのも、小学校段階におけるプログラミング教育では、コンピューターを動かすためのプログラミングのスキルを身につけるのではなく、プログラミングを学ぶ過程で生まれる、論理的に考えられる力や行動力を育成することが目的とされているからです。

文部科学省によると、プログラミング教育とは「子供たちに、コンピューターに意図した処理を行うよう指示することができるということを体験させながら、将来どのような職業に就くとしても、時代を超えて普遍的に求められる力としての『プログラミング的思考』などを育むこと」とされています。

IT人材は今後不足していくと前述しましたが、人材育成は直接的な目的ではありません。将来、自分がしたいことを実現するためにどのような行動が必要であるかを考える力を育むことが重要なのです。

論理的思考力を育むのが目的であれば、コンピューターを使う必要がないのではないかと思う方もいると思います。

しかし、その論理的思考力をコンピューターと結びつけることが大切なのです。なぜなら、子供がコンピューターを使うことで、自分にもコンピューターが動かせるという自信を持つようになったり、物事を論理的に説明できるようになったりするからです。

日常生活で問題に直面したときに、問題を解決するには手順があるということに気付き、自分で考えて解決する力が身につきます。そのようなプログラミング的思考は、子供の将来の選択肢を広げることにも繋がっていくのです。

このような理由から、小学生にも実際のプログラミングを体験させようというわけなのですね。

どのように授業に取り入れられるのか?

プログラミング教育が導入されると言っても、プログラミングという教科ができるのではありません。

例えば、国語・算数・理科・総合的な学習といった教科の中で実地することになっており、そこでプログラミングを体験しながら論理的思考力を身につけていく学習を行います。

コンピューターやタブレットを用いた授業

小学校の方針によって異なりますが、具体的には、まずパソコンやタブレットを用いてビジュアルプログラミングを取り入れた授業を行うことが想定されています。

小学校プログラミング教育必修化に向けたプロジェクトの一環として行われた例では、国語の授業でことわざの意味や由来を伝えるために、そのことわざを使いたくなる場面のアニメーションを作ったことが報告されています。

この場合、伝えたいことわざの意味を理解した上で、どのように伝えるのか考えなければなりません。どのようにプログラミングをすれば自分の考えた通りにモノが動くのかを、コンピューターを使って学び、理解することができるのです。

アニメーションを作るなんて子供には難しそうと思う方もいるかもしれませんが、子供や初心者でも取り組みやすいように、マウス操作だけで簡単にプログラミングができる教材がありますので、操作についての心配はいらず、子供も楽しみながら学ぶことができるようになっています。

コンピューターを使わないアンプラグド方式の授業

一方、多くの小学校では充実したプログラミング教育を行う準備やコンピューターの設備が整っていないという現状も問題視されていることから、パソコンやタブレットを使わない「アンプラグド」というプログラミング教育が有効な手段であると注目されています。

アンプラグド方式の授業では、カードなどのゲームを用いてコンピューターの仕組みや特徴について理解を深めていき、基本的な知識を身につけていきます。これは主に小学校の低学年で実施されることが想定されています。

ただし、学習指導要領では、プログラミング教育全体において、全くコンピューターを使わない環境は望ましくないとされています。

アンプラグド方式の授業は、あくまでプログラミングの入り口でしかなく、いずれはコンピューターを使った授業に移行することになるでしょう。

子供たちがコンピューターに触れて、「楽しい」「面白い」という経験をさせてあげることも重要なのです。

ちなみに、プログラミング教育の授業を実施する教科や内容は各学校の裁量で決められているため、学校によって差が出てきてしまうのではないかと懸念されています。

また、プログラミングについて十分な知識がない教員の指導なども含め、現場にはまだ多くの課題が残されています。

学校以外でのプログラミング教室の活用

民間のプログラミング教室では、先述した学校が抱える問題をサポートしてくれるだけでなく、プログラミングをもっと学びたいと感じた子供には、さらに内容を深めていくことができます。

子供たちのやりたいことやレベルに合わせて、いろいろな種類の教室が用意されていたり、長期レッスン型、オンライン講座など自分に合った授業を選べるのも特徴です。

また、定期的なレッスンだけでなく、夏休みなど長期休暇中にはイベントを開催している教室も多くあります。教室に通うことが難しい場合でも、気軽に参加することができますので、積極的に活用してみましょう。

プログラミング教室は、これからどんどん需要が高くなると考えられていますので、プログラミング教室が習い事の定番になる日はそう遠くないかもしれませんね。

まとめ

プログラミング教育は、子どもたちの将来を生きやすくするための教育であるということがお分かりいただけたでしょうか。

プログラミング教育が実施されるまで、まだ少し時間がありますから、授業に先駆けて、民間のプログラミング教室でプログラミングを学んでみるのも良いかもしれません。