文部科学省は、来る2020年に全国の小学校で「プログラミング教育」を必修化することを決定し、すでに動き出しています。

これまでの「暗記さえできればなんとかなる」という“暗記教育”から…

「物事を論理的に考え、実行に移せる子どもたちを育てよう」という“論理教育”へ大胆に舵を取ったのが文部科学省です。

確かにこの手法には賛否両論がありますが……

しかし!プログラミング教育は知らないだけで、非常に子どもにとって有益な教育だということをご存知だったでしょうか?

すでに秒読み段階!2020年の小学生プログラミング教育対策大丈夫?

「そもそもプログラミングって何? どんなことを学ぶの?」

「プログラミングを小学校のうちから覚えて、どんな効果があるの?」

IT系の仕事についていなければ、あまり聞く事のない「プログラミング」とう単語ですが、私たちが気がつかないだけで、テレビにも、お手元のスマホにもプログラミングが大きく関わっているんですよ!

まずはプログラミングについて詳しくない親御さんのために、「プログラミングとはなんなのか?」という部分から解説させて頂きます。

プログラミングとは? 子どものためにまず親が知ろう!

私たちの生活は、今やコンピューター(パソコン・スマホ)なしでは成り立たなくなってしまいました。

そもそも、2020年からスタートする「プログラミング学習」とは、人間が意図した通りに、コンピューターが動くように、プログラムを作ることができる人間を育てようという教育なのです。

多くの人がプログラミングの恩恵を受けていながら、「プログラミングって何?」とイマイチどういうモノなのかわからないのは、プログラミングがあまりにも日常に溢れているからです。

例えば、スマホをタップして、自分が見たいページにジャンプすることが出来るのも誰かがそのプログラムをプログラミングしたおかげですし、銀行からお金を送金したり、引き出したりすることが出来るのも、きちんとプログラミングされているから。

プログラミングとは、パソコンを使って特定の機械やソフトがスムーズに動くように英語や記号などを使って、プログラミングを作ること!

そして、プログラミングがきちんとなされていないと、スマホは動かなくなり、銀行のお金は下ろせなくなるし、インターネットも見られなくなってしまいます!

私たちが普段実感していないだけで、私たちの生きる世界は、プログラミングを行うプログラマーの血と汗によって作られているのです。

私たちは農家や漁師の方の仕事を知らず野菜や魚を食べていますが、プログラミングもそれと同じで、私たちが快適に過ごすことが出来ているのは、大勢のプログラマーが苦労してプログラミングを作ったから。

野菜や魚を手軽にスーパーで買えるように、私たちの知らないところでプログラミングは活躍しており、世間にあふれるプログラミングの仕組を知り、子どもの時からプログラムを生み出すことが出来るようになるというのが、プログラミング学習のなのです。

さてプログラミングのこと、少しは理解して頂けましたか?

改めてプログラミングが日常に溢れていることを知っても「プログラミングなんて、覚えなくっても生きていけるでしょ?」と思われるかも知れませんね。

ただ、文部科学省がプログラミングを小学校の必修科目にしたことで、アナタのお子さんは否応なくプログラミングを覚えさせられることになります。

もっと言えばプログラミングの出来によって、成績は決められ、英語や数学が出来なかったら、成績が下がり良い学校に行けなくなる――プログラミングをしっかりとお子さんが覚えなければ、将来良い学校、良い大学に行ける可能性が低くなってしまうのです。

また学業的、学校の成績のことだけでなく、小学校のうちからプログラミングを学ぶことは、お子さんにとっても大きなメリットがあります!

小学生の頃からプログラミングを学ぶ意味 プログラミング学習の狙いとは?

○プログラミング学習の5つのメリット


  1. 論理的思考が身につく
  2. 英語が自然に身につく
  3. パソコンの操作技術が身につく
  4. 将来の就職先の選択肢が広がる
  5. 人工知能発達後の世界でも生き抜くことが出来る

文部科学省が定めたプログラミングの必修化には、5つのメリットがあります。
実はプログラミングは英語や数学のように1つの分野の学習を行うのではなく、複数の学習を一度に出来る、総合的に学力が上がる学習分野なのです。

もちろん、小学校で教わるプログラミング学習でも、これらの学力を高めることが出来るのですが、後術するオンラインプログラミングスクールでプログラミングを学ぶと、学校で学ぶ以上の思考力と技術を身につけることが出来ます。

それでは具体的に、どのような思考力と技術力が身につくのかを紐解いて参りたいと思います。

論理的思考が身につく

プログラミング学習は「AならばB、BならばCである」「Dの時はA+Bの動作を行う」というような論理的な思考が求められます。

例えばスマホの画面をスライドして、新しい画面が表示されるのも「指をスライドする → 新しい画面を読み込む → 指定の画面が表示される」と予め指定の動作を行った際に、どのような動作をするのかを論理的にプログラミングされているから。

実際にプログラミング学習の場面では、「AならばB、BならばCである」のような論理的な思考力が求められるため、自然に人間として生きていくために必要な論理的思考力を身につけることが出来るのです。

英語が自然に身につく

プログラミングはすべて数字と英語で行われます。

英語で「AはBである」というような文章をプログラムしなければ行けません。
つまりプログラミング学習を進めていくと自然に英語力が身につくようになるのです!

また、オンラインスクールでは学校で勉強するよりも、より高度なカリキュラムを学ぶことが出来るため、必然的に覚える英語も難しいモノになって行きます。

パソコンの操作技術が身につく

最近では大学生になっても、スマホは使えるけれど、パソコンは使えないという子どもたちが増えているそうです。

しかし、小学校の頃からプログラミング学習が必修化した結果、小学生1年生の頃からパソコンの操作を学ぶことが出来るようになるため、小学生低学年のうちから、パソコンの操縦技術を習得することが可能なのです!

また自宅のパソコンを使ってプログラミングを学ぶことが出来るオンラインスクールを利用すれば、より高度なパソコン操作技術を学ぶことだって出来ますよ♪

将来の就職先の選択肢が広がる

日本では、将来プログラミングを行うことができる人材が圧倒的に不足すると考えられています。

経済産業省の調査では、2030年にはIT業界で働く人が約79万人も足りなくなるとされており、幼いうちからプログラミング技術を学び、確かなプログラミング技術を習得することができれば、ある程度、就職先に困らない――ということが言えます。

また2020年以降プログラミングが必修化された後の世の中を考えると、プログラミングが出来ない人間は就職できなくなる可能性すら考えられます。

お子さんの将来の就職のことも考えるなら、学校の授業以上のプログラミング技術をオンラインスクールで学んだ方が良いのは、言うまでもないでしょう。

人工知能発達後の世界でも生き抜くことが出来る

10年後には、人工知能の発達により、今ある職業の4割以上が人工知能「AI」に置き換えられるとも言われています。

この話にどこまで信憑性があるかは、10年後にならないとわかりませんが、すでにAIにさまざまな仕事が奪われており、お子さんが大人になる頃には、人工知能の発達によって今とは考えられない世界が広がっているかも知れません。

さて、そんな人工知能が人間以上に活躍する世界で、大人になったお子さんに働き口があるのでしょうか?

少なくとも今のままの教育方法で、10年後、20年後にプログラミングを学ばずに就職が、人工知能が発達した後の世界で生き抜くことが、出来るのでしょうか?

お子さんの将来を考えるなら、最低でも“人工知能を使う側”になれるプログラミング技術者としての知識を、今のうちから学ばせるべきだと思いませんか?

プログラミングの重要性はわかったけれど、それじゃあどうやって子どもにプログラミングを教えれば良いの?

小学生のうちからプログラミングを学ぶメリット、そしてプログラミングを学ぶ必要性はわかったけれど、自分の子どもにどうやってプログラミングを学ばせれば良いのか、分からない――そんな親御さんの方が多いと多みます。

少なくともプログラミングは、プログラミングの「プ」の字も知らないような親御さんが教えられるようなモノではありません。

やはり英語の勉強と同じくプロがつくったカリキュラムを、基礎からじっくり学ぶ必要があるのです。

それでは、どこでプログラミングを学べば良いのでしょうか?

その答えが「オンラインプログラミングスクール」です。
オンラインスクールということもあって、自宅のパソコンから気軽にプログラミングを学ぶことができるので、お子さんを親御さんが監督することができます。

ただ、現在オンラインでプログラミングを学べるサイトは増えており、どのオンラインプログラミングスクールを選べば良いのかわからない……という人は多いハズ。

そんな方にオススメしたいのが『ナナイロプログラミングスクール』です。

数あるオンラインのプログラミングスクールの中で、なぜ『ナナイロプログラミングスクール』がオススメなのか、その理由を細かくご紹介させて頂きます。

なぜ『ナナイロプログラミングスクール』がオススメなのか? オススメの3つの理由

  • 全国どこでも最新のプログラミング技術が学べる
  • ゲーム制作を題材に楽しみながら、プログラミングの仕組みを理解出来る
  • 専門家と教育家によるレッスン・カリキュラムの編成で、小さいお子さんでも理解しやすい!

ナナイロプログラミングスクールは、オンラインだからこそ誰でも、いつでも、どこからでも勉強が可能ですが、最新のプログラミング技術を、楽しみながら学べるところは、決して多くはありません。

[ココがスゴイ!]全国どこでも最新のプログラミング技術が学べる

ナナイロプログラミングスクールは、オンラインスクールなので自宅にいながらプログラミングを子どもに学ばせることが可能です。

だから、プログラミングを学びたくても学ぶ環境がないお子さんでも、気軽にいつでも、どこでも、何度でもプログラミング技術を学ぶことが出来るのです!

またオンラインで、いつでもプログラミングの勉強をすることが出来るので、親御さんがお子さんを送り迎えする必要もありません。

自宅で塾レベルの勉強を子どもに学べさせることが出来て、しかも送り迎えをする必要がない……って、共働きの親御さんからすれば、地味に嬉しいですよね♪

ゲーム制作を題材に楽しみながら、プログラミングの仕組みを理解出来る

ナナイロプログラミングスクールでは、小さなお子さんでも楽しみながらプログラミングを勉強できるように、ゲーム制作を題材にしています。

親御さんからすれば、遊んでいるように思えるかも知れませんが、実はゲーム作りはプログラミングに必要な要素がたっぷりと詰まっており、自分でイチからゲームを作ることができれば、プログラミングの基礎から発展までしっかり身につけることが出来ます。

しかも、ゲーム制作という子どもが大好きなジャンルを、小さなお子さんが学ぶことが出来るので、難しいプログラミングであっても、ゲーム感覚で飽きることなく、楽しみながらプログラミングの仕組みと技術を学べます!

専門家と教育家によるレッスン・カリキュラムの編成で、小さいお子さんでも理解しやすい!

ナナイロプログラミングスクールがスゴイのは、オンラインで好きな時にプログラミングを勉強することが出来るだけでなく、ゲーム感覚でプログラミング出来るだけでなく、専門家と教育家によるレッスン・カリキュラムが編成されているところにあります。

本屋さんに行けば、プログラミング技術を「書いてある」本がいくつも並んでいますが、小さなお子さんでも効率的にプログラミング技術を身につけることができる書籍は、ほとんどと言っていい程ありません!

しかし、ナナイロプログラミングスクールでは、プログラミングの専門家と教育家がプログラミング教育を監修しているため、小さいお子さんでも効率よくプログラミングが学べるようになっているのです。

ただ学ぶではなく、確かなプログラミング技術を子どものうちから身につけさせたいと思うなら、ナナイロプログラミングスクールを利用するべきでしょう。

子どもの将来のことを今考えて、プログラミングを学ばせよう!

「プログラミングの必修化なんて、どうすれば良いの!?」とお悩みの親御さんもきっと多いことでしょう。

2020年に小学校でプログラミング学習が必須化されることは、すでに避けられないことであり、今のうちからお子さんにプログラミングを勉強させることは、決して間違った選択ではありません。

むしろ、今のうちにプログラミングをお子さんに勉強させてあげることで、将来の進学、就職に有利になることは間違いなし!

AI技術が発展し、今ある職業の多くが廃業に追いやられてしまう可能性を考えるなら、AI技術が発展した後も、技術者として働くことが出来るであろう、プログラマーに子どもがなれるように、“今”からプログラミングを楽しみながら勉強させてみませんか?